錠剤の写真

日本は、抗インフルエンザ薬「タミフル」の世界消費量の7割以上を占めています。ほとんどの方がインフルエンザの薬といえば、「タミフル」を思い浮かべるのではないでしょうか。「タミフル」が日本でこんなにも消費されているのはなぜなのでしょうか?

感染症に効く薬とタミフルは適正な量で服用しよう!

冬になるとインフルエンザの季節が来たかという気がします。またさまざまな感染症に苦しむ方がいます。
これらには感染経路を気をつけたりインフルエンザであればうがいと手洗いを強化します。それを予防したり治療するには治療薬がありタミフルはよく耳にする薬です。またリレンザなどがあります。
タミフルは飲み薬ですが、リレンザは吸引タイプです。抗ウイルス薬となる感染症用の薬はそれぞれに肝炎用などあります。予防するにはあらかじめワクチンを接種することで免疫力を高めておきます。
抗ウイルス薬のタミフルは5日間連続で適量を飲み続けます。予防薬としてのタミフルでは10日連続で飲み続けます。
感染症には潜伏感染があるので止めるわけにはいきません。
ウイルスは細胞に侵入しウイルスを増殖し続け体内で抵抗力がつけば免疫力になり、できなければ最悪は癌へとつながります。
風邪などは飛沫感染ですが、寄生虫での侵入や狂犬病ウイルス、脳炎など感染経路や感染場所が違ってきます。
また血液や体液からの感染があり空気感染では水ぼうそうが知られています。これらの感染は血液検査などでわかってきます。
タミフルをはじめとする抗ウイルス薬は主に増殖を抑えるか免疫力に作用するかになります。タミフルは症状期間とウイルスの増殖を抑えます。
48時間という限りがあるため、ある程度の期間が経った時にはあまり効果は期待できません。ウイルス側がこれらの薬より強くなってしまわない内に手をうつ必要があります。
ほかに対症療法で病院でインフルエンザの各症状別に効果的な薬があります。外出時はマスクで自分も拡大も防ぐという方法で防ぎ、湿度や休養をとることが重要だと言われています。重症化したり世界的な拡大になる可能性がゼロではないところが厄介なところです。合併症が起こらないように気をつけた生活や予防が大切です。