錠剤の写真

日本は、抗インフルエンザ薬「タミフル」の世界消費量の7割以上を占めています。ほとんどの方がインフルエンザの薬といえば、「タミフル」を思い浮かべるのではないでしょうか。「タミフル」が日本でこんなにも消費されているのはなぜなのでしょうか?

タミフルの解熱作用と副作用について

インフルエンザの薬として有名なものに、タミフルがあります。今ではインフルエンザで病院にかかると、このタミフルを処方されることも多くなっています。
ではこのタミフルは、どこが長所でどこが短所なのでしょうか。まず長所は、解熱作用にきわめてすぐれていることです。なぜかといいますと、体内に取り込むことで、ウイルスを抑える作用があるからです。
タミフルを使うのと使わないのとでは、熱が下がるのが1日ほど違うともいわれます。特に、高熱が出やすいA型インフルエンザには効果があるのですが、B型にはやや効果が現れにくいともいわれています。
その反面、特に出回り始めたころは、副作用が指摘されたこともありました。副作用は主に異常行動で、このため階段から転落して死亡したというケースもあります
。ただ、インフルエンザの場合は脳症、あるいは脳炎を引き起こしやすく、これがしばしば異常行動の原因になることもあります。
そしてタミフルも、このような指摘を受けて、段々と副作用の出にくい物へと改善されて来ています。副作用が心配な場合は、服用後なるべく段差のあるところへ行ったり、たとえば階段を上り下りするといったことも避けた方がいいでしょう。
また、もし何か異常行動であるとか、他にも気分が悪いなどの症状が出た時は、すぐに医師に相談するようにしましょう。
またタミフルの解熱作用も、安静にしていなかったり、きちんと栄養や水分を摂らなかったり、あるいは部屋が乾燥していたりしていては、思うように効果が現れません。熱がある時は横になって水分を補給し、食欲がなくても喉を通りそうなものを食べて、加湿器で部屋の湿度を上げるようにし、しかるのちにタミフルを服用するのがいいでしょう。