錠剤の写真

日本は、抗インフルエンザ薬「タミフル」の世界消費量の7割以上を占めています。ほとんどの方がインフルエンザの薬といえば、「タミフル」を思い浮かべるのではないでしょうか。「タミフル」が日本でこんなにも消費されているのはなぜなのでしょうか?

インフルエンザ診断書や薬事典でタミフルの服用を確認

そろそろインフルエンザの流行が心配な季節がきました。インフルエンザと診断されると抗インフルエンザ薬が処方されます。
内服薬、吸入薬などがありますが、内服薬として使われるのが、タミフルです。吸入薬は小さな子供だと上手に吸うことができないこともあり、内服薬がよく処方されます。
タミフルは1日2回5日間服用します。熱が下がってもウィルスは体内に残っているので、5日間はきちんと服用することが大切です。
まだ因果関係は解明されていませんが、タミフルを服用することで異常行動を起こす可能性があります。興奮して走り回るなどの行動は、十代までの子供に見られる場合があり、お子さんの場合は服用中は大人が様子を見る必要があります。
また、タミフルは予防薬としても服用することができる薬です。ただし、予防薬として服用する場合、保険適用とならないため、自費扱いの支払いになります。
家族がインフルエンザに罹った場合、受験生がいたり、お子さんがいたりすると、感染が心配ですね。その場合は、1日1回7日間から10日間服用することで予防が可能ですので、医師に相談してみてください。
インフルエンザと診断された場合、学校、幼稚園、保育園などは出席停止、職場なども、出勤停止となります。診断書の提出が求められますので、診断を受けたら、医師にも診断書を書いてもらえるよう伝えておきましょう。
学校、幼稚園、保育園は診断を受けてから、5日間、解熱してから2日間は出席停止です。職場はそれぞれ、出勤停止期間が決められているようですので、自分の職場の規定を確認してください。
解熱して2日間までは出勤停止としているところが多いようです。診断書を提出すると、欠席扱いにならないし、提出をしないと、出席停止が解除されないこともあるので、今一度、診断書を提出するルールの確認をしておくとよいでしょう。