錠剤の写真

日本は、抗インフルエンザ薬「タミフル」の世界消費量の7割以上を占めています。ほとんどの方がインフルエンザの薬といえば、「タミフル」を思い浮かべるのではないでしょうか。「タミフル」が日本でこんなにも消費されているのはなぜなのでしょうか?

インフルエンザ薬タミフルと予防接種後のお風呂

インフルエンザに感染すると、タミフルを処方されることが多いです。
タミフルは、インフルエンザウイルスが宿主細胞からほかの細胞へと繁殖を拡大するときに、ノイラミニダーゼという酵素が不可欠なのですが、それを細胞内に閉じ込めることでインフルエンザウイルスの増殖をこれ以上拡大しないようにすることで増殖を防ぎます。
そのため、タミフル自体にはインフルエンザウイルスをやっつける作用はないので、高熱や関節痛などはしばらく続くことが多いです。
タミフルにおいての異常行動が心配になりますが、どちらかといえばインフルエンザによる高熱が熱性せんもう症を引き起こすことで幻覚や幻聴があらわれるという見解が強く、タミフルの服用自体には異常行動を起こす副作用はないとされています。
ということは、やはりインフルエンザに感染しないようにすることが大切になってきます。
そのためには毎年インフルエンザワクチンの予防接種をすることが一つの手段と言えます。
しかし、インフルエンザの予防接種を受けると様々な行動の規制があるかと考えられます。
特に、予防接種後は副反応が出やすいので、予防接種後1時間は様子を見るのが望ましいでしょう。
1時間経過して問題がないのであれば、接種した当日にお風呂に入ることも可能です。
ただ、入浴した際には摂取した部位をこすったり強く揉んだりするのは避けるのと、長時間の入浴はしないようにしましょう。
また、熱めのお湯は体の負担になり、体力も消耗するのでぬるめのお湯が良いでしょう。
激しい運動やお酒の飲みすぎもあまり良くないとされているのと、接種後24時間以内は副反応が出ることが多いので、体調管理をしっかりして無理をしないように心がけましょう。