錠剤の写真

日本は、抗インフルエンザ薬「タミフル」の世界消費量の7割以上を占めています。ほとんどの方がインフルエンザの薬といえば、「タミフル」を思い浮かべるのではないでしょうか。「タミフル」が日本でこんなにも消費されているのはなぜなのでしょうか?

日本でタミフルが大量に消費されている理由

タミフルはインフルエンザの治療薬として有名ですが、世界中ではあまり処方されておらず、世界消費量の実に7割以上が日本という状態です。
なぜ日本だけ大量に消費されているかは、日本の医療システムに起因しており、様々な要因から結果が導き出されます。
そもそも、インフルエンザの治療薬として、タミフルが第一選択薬となっているため、病院で薬を処方してもらおうとすると、まず間違いなくタミフルが出されます。
インフルエンザに効果的と言われるのもありますが、ウイルスが耐性を持つことを危険視して、その他の薬を出したくないという意見もあります。
アメリカなどでは、耐性菌を作りたくないという理由から、処方を断ることも多く、基本的には予防接種がすすめられます。
予防接種は日本でも行われていますが、実際に予防接種を受ける人は少なく、インフルエンザにかかってから治療を開始するようになります。
これは日本の医療保険に問題があり、治療を目的とした行為以外は保険が適用されないのが原因で、昔から「予防にはお金がかかるから、問題が出てから治療を受けよう」とする日本人の習慣に根付いています。
その結果、インフルエンザに感染してから病院に行き「一日でも早く業務に復帰したい」という強い要望で、医師が第一選択薬であるタミフルを処方します。
加えて、保険の点数制度が引き金となり、症状が軽く自宅療養で十分とされる患者にも、タミフルを処方するようになります。
日本の医療保険は何も悪いことばかりではなく、海外よりもずっと安い診察料で受診することができるというメリットがあります。
しかし、診察の敷居が低いという問題点もあり、医者の地位が低く見られてしまうことから、処方薬を患者が要望するようになってしまうのです。

タミフル以外の抗インフルエンザ薬

インフルエンザ治療薬といえばタミフルが有名ですが、タミフル以外にもインフルエンザ治療薬は存在します。
タミフルと並んで有名なのはリレンザですが、経口投与では効果が非常に低いためパウダー状にして吸入登用するのが一般的です。
タミフルよりも耐性が少なく、タミフル耐性のある新型インフルエンザが流行した時にはリレンザの有効性が改められました。
また、リレンザには治療のほか予防として役立てることも可能です。
どちらも、インフルエンザが宿主細胞から別の細胞に増殖するときに不可欠なノイラミニダーゼという酵素を細胞内に閉じ込めることで阻害する作用が働き、ウイルスの増殖を防ぎます。
その他、点滴役であるラピアクタは重症化した感染者に有効とされる薬で、投与は一回で済みますが15分間点滴する必要があるので混んでいる病院では難しいこともあるかもしれません。
それ以外に、イナビルもリレンザと同じ吸入薬ですが、リレンザが1日2回の投与が必要なのに対して投与が一回で済むので、2011年以降はイナビルの使用が頻繁になっています。
インフルエンザ治療薬は48時間以内の服用が望ましいとされていますので、その時間以内に飲むことでウイルスお増殖を防ぎます。
タミフルの服用による異常行動が問題視されていましたが、実はほかの薬も同様に吸入後の異常行動が報告されています。
ということはつまり、薬の服用そのものに副作用として異常行動が出るのではなく、インフルエンザにかかることが異常行動を起こすきっかけとなるということなのです。
未成年に服用、あるいは吸入させる場合には異常行動を起こすことがあっても問題のないように保護者がしっかりと管理してあげることが大切となってきます。

タミフル服用患者の異常行動について

インフルエンザに感染すると、ほとんどの場合タミフルが処方されることが多いでしょう。
タミフルは、インフルエンザだと診断されてから48時間以内に服用することでインフルエンザウイルスの増殖を抑制する作用があります。
しかし、一時期タミフルの服用によって異常行動が起こるということが話題になり、特に15歳以下の子供に多く、窓から飛び降りるなどして事故死した症例もいくつかあり、使用が控えられていました。
実は、タミフルの服用に異常行動は関係があっても服用自体が異常行動を引き起こす原因というわけではないのです。
人は、高熱状態が続くと脳が正常の働かない場合があり、人によっては幻覚を見たり突然おかしなことを言って笑いだしたりするなどのおかしな行動を起こすことがあります。
それは、熱性せんもう症と呼ばれていて、インフルエンザに感染した場合もほとんどの人が38度を超す高熱が何日も続くことがあり、特にまだ成長途中の子供の場合はその症状が顕著に出ることが多いとされています。
そこに、タミフルの服用により体の症状が治まることによって、本来なら高熱で動かすことが不自由な手足が自由に動かせるようになるために、自分の幻覚通りに動こうとして窓から飛び降りたり突然走り出したりすることが考えられます。
そして、最近では高層建築の普及により高層マンションに住む人が増えたこともあって、タミフルが販売された当初よりも住んでいる建物が高くなったことにより窓から飛び降りしてしまうリスクなども増えたことが要因となるではと思われます。
やはり、子供がインフルエンザで苦しんでいたら親としては何とか楽にしてあげたいと思い医療機関に足を運ぶこととなるのですが、服用させたことだけに安心せずに服用後24時間はしっかりと注意して見守ってあげることが、異常行動による死亡事故を起こさないために大切なこととなってくるのではないでしょうか。
タミフルの実績と特徴を知りたい>